平成22年度事業・決算報告

平成22年度は、東北インテリジェント・コスモス構想の下に、東北地域の自然科学研究に対する助成、国際的研究交流に対する助成事業を実施した。また、研究報告書評価委員会において平成21年度助成事業の研究実績評価を行う等、有望シーズの発掘を行った。

これら財団の活動状況等を広報する機関誌の発行を行い、コスモス構想の一層の推進を図る事業を展開してきた。

1、自然科学研究に対する助成事業(寄附行為第4条第1号)

1、インテリジェント・コスモス奨励賞への助成(@10万円×10テーマ)

東北7県の大学等の研究機関に所属している40歳(医歯薬系は42歳)以下の若手研究者を対象に、独創的研究開発の種(シーズ)を発掘するとともに、東北地域の活性化・発展に寄与するような研究を支援するため、10テーマに対して「インテリジェント・コスモス奨励賞」を授与し、あわせて助成金を交付した。

No. テーマ 受賞者(助成先)
1 ホウ素クラスターの特性に着目した医薬化合物および
機能性材料の開発
東北薬科大学薬学部
講師 太田 公規
2 液相プラズマを用いた先進DNAエレクトロニクスデバイスの創製 東北大学大学院工学研究科
准教授 金子 俊郎
3 カーボンナノチューブおよび有機材料を用いたフレキシブルエレクトロニクスの研究 早稲田大学理工学院術先進
理工学研究科
准教授 竹延 大志
4 二波長同時ヘテロダイン検波法の開発 長岡技術科学大学工学部
准教授 塩田 達俊
5 C型肝炎ウイルスの細胞内輸送およびライフサイクルの解明 宮城県立がんセンター研究所
主任研究員 玉井 恵一
6 天然資源からの自然免疫制御物質の探索と創製 東北大学大学院薬学研究科
准教授 菊地 晴久
7 核内受容体をターゲットとしたアレルギー疾患の病態解析と新規治療薬の開発 秋田大学大学院医学系研究科
助教 植木 重治
8 疾患関連蛋白質を標的とした阻害剤の創成研究 山形大学大学院理工学研究科
准教授 今野 博行
9 腎近位尿細管におけるGRK4の機能から、食塩感受性と高血圧症の病態生理を解明する研究 福島県立医科大学医学部
博士研究員 谷田部 淳一
10 地域情報ネットワークを活用した地域医療連携支援がん診断拠点センターシステムの研究開発 弘前大学大学院保健学研究科
講師 野坂 大喜

2、実用化研究への助成(@100万円×2テーマ)

東北地域における新産業創出の推進を図るため、平成21年度に行ったインテリジェント・コスモス奨励賞受賞者の研究実績報告書に基づき、実用化・事業化の観点から新事業創出の可能性があると認められる等の評価・調査を行い、評価が高いものに対し継続して助成を行った。

No. テーマ 受賞者(助成先)
1 固体接触界面における高周波数超音波伝達とその材料評価への応用 東北大学大学院工学研究科
准教授 燈明 泰成
2 高感度超ワイドレンジ型SQUID磁束計の開発 岩手大学工学部
准教授 小林 宏一郎

2、国際的研究交流に対する助成事業(寄附行為第4条第2号)

1、国際学会への助成(@10万円×5件)

国際的研究交流を東北地域全域において促進し、科学技術の発展と独創的学問の進歩向上に資するため、東北地域における各種国際会議5テーマに対して助成を行った。

No. テーマ 会期 主催者
1 The 5th General Meeting of ACCMS-VO
第5回アジア材料設計シミュレーションVO 形成
平成22年12月10日
~12月12日
東北大学
2 International Conference of Many Particle Spectroscopy of Atoms, Molecules, Clusters, and Surfaces(MPS2010)
原子・分子・クラスター・表面の多粒子相関分光国際会議
平成22年9月4日
~9月7日
東北大学
3 計算機と情報科学に関する国際会議 平成22年8月18日
~8月20日
山形大学
4 The 6th International Workshop for East Asian Young Rheologists 平成23年1月20日
~1月22日
山形大学
5 食と健康に関する新潟国際シンポジウム 平成22年10月29日
~10月31日
新潟薬科大学

3、産学官連携推進事業及び支援事業(寄附行為第4条第3号)

1、シーズコーディネート事業事業

新産業創出の推進を図るため、研究報告書評価委員会において、平成21年度に行ったインテリジェント・コスモス奨励賞受賞者の研究実績報告書に基づき、シーズコーディネーターが実用化・事業化の観点から評価及び調査を行い、評価が高いものを選考委員会に推薦した。

4、その他の事業(寄附行為第4条第4号)

1、機関誌の発行

学術振興財団の活動状況を広報し、会員への情報提供を図るとともに、会員の拡充を図り、事業活動の充実をしていくため機関誌の発行を行った。
・A4判 31頁 3,300部

収支計算書

平成22年4月1日から平成23年3月31日まで
科目 予算額 決算額 差異 備考
Ⅰ 収入の部
1 基本財産運用収入 6,200,000 6,200,000 0 -
基本財産利息収入 6,200,000 6,200,000 0 利率1.3%~1.4%
2 会費収入 1,150,000 1,250,000 100,000 -
賛助会員会費収入 1,150,000 1,250,000 100,000 1口5万円 25口
3 補助金等収入 0 0 0 -
シーズ熟成活動推進事業受託収入 0 0 0 -
4 寄付金等収入 0 0 0 -
寄付金収入 0 0 0 -
5 雑収入 146,000 145,757 △243 -
受取利息 1,000 862 △138 -
雑収入 145,000 144,895 △105 広告収入
当期収入合計(A) 7,696,000 7,595,767 99,757 -
前期繰越収支差額 4,000,000 4,508,258 508,258 -
収入合計(B) 11,496,000 12,104,015 608,015 -
Ⅱ 支出の部
1 助成事業費 3,500,000 3,499,160 △840 -
(1)インテリジェント・コスモス奨励賞助成費 1,000,000 999,160 △840 1件10万円 10テーマ
(2)実用化研究助成費 2,000,000 2,000,000 0 1件10万円 2テーマ
(3)国際学会助成費 500,000 500,000 0 1件10万円 5テーマ
2 自主事業費 810,000 779,264 △30,736 -
(1)シーズコーディネート事業費 140,000 85,366 △54,634 研究実績報告書等の評価
・調査等
(2)機関誌発行事業費 670,000 693,898 23,898 機関誌印刷・郵送等
3 法人管理費 6,295,000 5,250,629 △1,044,371 常務理事報酬
(1)人件費 3,570,000 3,554,701 △15,299 常務理事通勤手当
(役員報酬) 3,500,000 3,500,000 0 常務理事報酬
(通勤手当) 50,000 49,200 △800 常務理事通勤手当
(福利厚生費) 20,000 5,501 △14,499 労働保険料
(2)会議費 810,000 551,637 △258,363 -
(理事等旅費) 330,000 202,680 △127,320 理事会・評議員会等
出席旅費
(理事会等会議費) 480,000 348,957 △131,043 理事会評議員会等会議費
(3)旅費交通費 130,000 99,550 △30,450 -
(役職員旅費交通費) 130,000 99,550 △30,450 文部科学省報告旅費等
(4)賃金 0 0 0 -
(5)交際費 0 0 0 -
(6)通信運搬費 140,000 123,123 △16,877 郵送料他
(7)消耗品費 200,000 190,033 △9,907 封筒他
(8)諸謝金 20,000 29,800 9,800 登記に係る司法書士謝金
(9)手数料 30,000 30,870 870 振込手数料他
(10)委託料 260,000 260,000 0 財団運営補助業務委託料
(11)使用料及び賃借料 135,000 145,000 10,000 インターネット使用料
事務機器使用料
HP掲載料
(12)賃貸料 1,000,000 265,855 △734,145 ICRビル賃貸料
(13)雑費 0 0 0 -
4 予備費 0 0 0 -
当期支出合計(C) 10,605,000 9,529,053 △1,075,947 -
当期収支差額(A)-(C) △3,109,000 △1,933,296 1,175,704 -
次期繰越収支差額(B)-(C) 891,000 2,574,962 1,683,962 -

(単位:円)