ICR 株式会社 インテリジェント・コスモス研究機構

会社概要
ICRは、優れたインキュベーションの環境を提供いたします。
ICRパンフレット
東北に新しいビジネスの芽を育てるために

株式会社インテリジェント・コスモス研究機構〈 略称ICR 〉は、「東北インテリジェント・コスモス構想」を具現化するため、独創的研究開発にあたるR&D(研究開発)会社の設立・運営を総合的に支援する戦略的推進会社として、平成元年2月に設立されました。

東北6県および新潟県の産・学・官の連携で、これまでに数々の戦略的なプロジェクトを立ち上げ、実績を積み重ねてきました。

今後も産・学・官連携を発展的に継続していくとともに、事業を通して築いてきた地域ネットワークを生かし、新たな産業創造につながるインキュベーション事業を進めていきます。

概要

施設外観

設立
平成元年2月10日
資本金
84億5,650万円
主要株主
東北6県および新潟県の自治体域内外企業等 宮城県、仙台市、東北電力(株)等、215法人
組織
決算
決算
決算
ICRこれまでの歩み

東北インテリジェント・コスモス構想

産学官連携、地方の広域連携の先駆けとして、昭和62年に東北6県および新潟県の産学官が一体となって提唱した地域開発のための戦略的構想で、その目標は「東北地方全体が日本の頭脳(研究開発)と産業開発の拠点となり、自立的な未来型産業社会(先端的・重層的産業構造をもった地域社会)を形成すること」にあります。

ICRは、同構想を推進する中核機関として、有望な産業シーズの発掘・育成とその実用化・産業化を推進しています。

なお、ICRは、平成元年の設立以来14のR&会社の研究開発と研究成果の実用化を 支援し、その中から3社を事業化しました。このR&会社の設立事業が、ICRの 1stステージと言えます。

  • ICRから生まれたR&D(研究開発)会社